シミと間違えやすい肝斑

シミって ある日突然気がつくものなのですが、シミによく似ていて しみではないものもあります。

そのひとつが肝斑。

肝斑は シミとは違って 広めにぼうっとした感じで出てくるシミ状のものです。左右対称に出るのが特徴です。

シミが主に紫外線によって出来てしまうものなのと比べて 肝斑はホルモンによって出てるものと言われています。


シミとは違うメカニズムでできるものですので、対策法も変わってきます。シミ用の美白化粧水やクリームでは ほとんど効果がなく、専用の内服薬による治療が効果的と言われています。

ホルモンバランスに影響されて出てくる症状ですので、出産や更年期などを機に 目立つようになるという方が多いのも肝斑の特徴です。

閉経で 薄く目立たなくなるという方もいるのですが それまで待てないですよね。

気になるようでしたら 皮膚科で相談してみることをおすすめします。

また、最近は肝斑専用の市販の飲み薬も発売されるようになりました。利用する際には薬剤師に相談して注意事項をよく読むようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加