日傘だけでシミ対策はできるの?

しみを作りたくない!と決めたので とりあえず日傘だけで紫外線対策をやっています、という方は ちょっと注意です。

というのも、日傘は頼りになるUVケアグッズではありますが、使い方に気をつけないといけない点がいくつかあるためです。

最近はUVカット加工してある素材でできた日傘がだいぶ増えていますが、このUVカット機能は 購入後およそ2~3年程度しかもたないと言われています。ですのでお気に入りの日傘を長い年数使い続けたり、購入して数年たった日傘はこの点注意が必要です。

そして 日傘は 紫外線を遮ってくれるアイテムですが 地面からの照り返しまでは遮ることができません。
傘の内側が白やシルバーといった反射しやすい色だと 照り返しの紫外線が結果的に顔に集まりやすくなります。ですので 内側は紫外線を吸収しやすい黒などの濃い色になっているものを選ぶとよいでしょう。

このように 日傘は決して万能選手ではないのですよね。

日焼け止めが苦手で日傘だけ、という使い方をしている方は 知らず知らずのうちに紫外線をどんどん浴びている可能性もあります。最近は日焼け止めも種類が増えてべたつきにくいもの、スプレー状のものなど色々ありますので どんどん試してみましょう。

できてしまったしみやそばかすの対策にはしみそばかすに効く薬を使うという方法があります。こういった医薬品には しみなどの予防効果も認められています。UV対策で不安があるという場合には使ってみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加